FC2ブログ

千寿の郷 『☆みんなの笑顔が見たいから☆』

東京都足立区にある介護老人保健施設(入所・短期入所・通所リハビリ) 千寿の郷での出来事を綴っています。

秋の出前パーティー

11月は各階で出前レクを実施しました。
普段は、カロリーや栄養のバランスの考えられたお食事を召し上がって頂いていますが、この日は好きなもの・食べたいものを自分で選んで食べることができます。今年は、海鮮・中華・天丼の3種類のラインナップでした。
事前に何を頼むかメニューを見て決めて頂きましたが、即答の方、時間をかけてじっくり選ぶ方、悩みすぎて結局決められず職員に頼っている方など様々で、それぞれに楽しみにして下さっているのだなーと思いました。

 当日は、テーブルに順番に配膳していくと、「いただきます」を待てずに食べ始めてしまう方もチラホラ見られ…。おいしそうな食事・香りを前にしたら、それはそうですよね。我慢させてしまうのは酷なので、前置きの話は短めに、急いでみんなで「いただきます」をしました。蓋を開けて「うわぁ…」と短く喜んだ後は、皆さん無言で味わいながら食べていらっしゃったのが印象的でした。

1_convert_20191211192637.jpg

普段は食が細かったりご自分で食べる意欲があまりない方もいらっしゃいますが、この日は皆さんよく箸が進んでいました。このような姿を見ると、やはり自分の好きなものは食事への意欲に繋がる、生きる活力になるのだなと思わされます。

2_convert_20191211193311.jpg

当日は、普段とは違うテーブルの配置や席割りだったので、それもまた普段の食事とは違う気分で楽しめたのではないでしょうか。

3_convert_20191211193216.jpg

 年に1回の楽しみの日。少しでも皆さんに楽しんでいただけるよう、期待に応えられるよう、係の職員たちも微力ながら努力させて頂きました。次回もお楽しみに。
入所職員



スポンサーサイト



介護老人保健施設(入所・短期入所・通所リハビリ)
千寿の郷@東京都足立区の公式ホームページはこちら!
別窓 | 利用者様の様子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

俳句は友達

千寿の郷を利用されているAさんは俳句を作るのが好きです。思いつくと紙に書いて職員に渡してくれます。
しかし急に視力が低下してしまいました。
Aさんはとても前向きな方で目が見えにくくなった時に、「これは試練だから頑張らないと。人生死ぬまで勉強だからね」と職員に話してくれました。弱音をあまり吐かず現状に向き合っているAさんは凄いと思いました。
再び俳句を作ってみないか話してみると「考えることはできるけど書けないからね」と発言がありました。職員がAさんの代わりに書くことを提案すると再び俳句を作ることになりました。娘さんが俳句のノートを用意して今では一日一句を目標に俳句を考えています。

1_20191017180216ff0.jpg

Aさんに俳句についてインタビューをしてみました。

Q1 初めて俳句を作ったのはいつですか?
「小学5年生あたり」

Q2 その時の俳句は今でも覚えてますか?
「覚えてない」

Q3 俳句を作る時に参考にしていることは?
「自分の経験を活かして俳句にしている」

Q4 一番好きな俳句はなんですか?
「海原を真っ赤に染めて夕日沈みて」

Q5 何故好きなんですか?
   「自分の田舎の新潟糸魚川を思い出せるから」

2_2019101718032031f.jpg

Q6 本日の俳句は?
   「書道の日を待ちわびる自分の気持ちと裏腹に書けるか書けないか
心配をよそに先生に褒められた」

Q7 よく恋愛の話をしてくれますが、その時の俳句は思いつきますか?
「恋を幾たびかしたけれども結ばれず。今は亡き夫の優しさでここまで来た」

Q8 目が見えなくても俳句を作ろうと思ったのは何故ですか?
   「目が見えなくても自信を持って楽しみながら作ることが出来ると気づいたから」

Q9 ここで何か伝えたいことはありますか?
   「千寿の郷の友達が良い人で助けられて今は何とかやっています」

Q10 Aさんにとって俳句とは?
   「友達。嘘は言えないから」

3.jpg

これからも俳句と仲良く付き合ってくださいね。最後にAさんは俳句ノートを見返すのも楽しみだと話されていました。Aさんインタビューありがとうございました。


介護老人保健施設(入所・短期入所・通所リハビリ)
千寿の郷@東京都足立区の公式ホームページはこちら!
別窓 | 利用者様の様子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

千寿の郷・夏の風物詩第2弾 スイカ割り!!

千寿の郷の夏の風物詩といえば、納涼祭とスイカ割りです。
以前は、納涼際の中でスイカ割をしていたのですが、昨年より、スイカ割のみを第3日曜日の合同レクリエーションの中で行っています。
今回は、8月18日(日)に2階の食堂にて開催しました。
入所やショートステイの利用者様、ほぼ全員と言って良いくらいの参加率でした。

_1convert_20190828180708.jpg
スイカ割りの説明をじっくり聞かれる利用者様方。

スイカ割り、スタート!!
3人の利用者様がやりますが、全く、歯が立ちません!
内緒ですが、昨年行ったときに、なかなか割れなくて、大変でした。
なので、今年は、初めから割れやすいようにと、十字に切れ目を入れてありました。
4人目の利用者様が棒を振って叩きつけると、少しひびが入りました!
その後何人かやられるも、ひびは入れど、なかなか割れず。
結局は、ひびを入れてくれた利用者様にお願いし、再度挑戦して頂き、無事に割ることができました!

折角なので、目隠しを外して、記念写真をパチリッ。
2_convert_20190828180837.jpg
ちなみに、スイカ叩き割り棒は、富士登山の杖です。
利用者様が奮闘した結果、1本が割れてしまいました。
利用者様の本気度が高かった証拠ですね。

3_convert_20190828180947.jpg
スイカ割りの後は、おいしいおやつで、スイカをお出ししました。

4_convert_20190828181009.jpg
美味しい笑顔が沢山咲きました!

「来年もまたやりたいね。」と利用者様が言って下さったので、来年もまた、計画したいと思っています。
まだまだ暑い日が続きますが、残暑も頑張って行きたいと思います。 入所介護職員

介護老人保健施設(入所・短期入所・通所リハビリ)
千寿の郷@東京都足立区の公式ホームページはこちら!
別窓 | 利用者様の様子 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 千寿の郷 『☆みんなの笑顔が見たいから☆』 | NEXT